FC2ブログ

TV「真実鉄拳」

たまたま見たNHK-BSの中国取材のドキュメンタリー。
真実鉄拳 (1)
異種格闘技ボクサーとでもいうのか、中国最強の武術者
徐暁冬(41)相手が誰でも1ラウンドでノックアウトする。
カンフーや太極拳のトップに試合を申し込むが、相手は
試合拒否。怒った徐がネットで挑発するとそれが中国の
(伝統武術を侮辱する)国家侮辱罪にエスカレートして中国
国内活動禁止になったりする。なのでタイで試合してた。
真実鉄拳 (3)
しかしこの太極拳師範は別のアマチュアボクサー50歳の挑戦を
受けTV対決するが、あっという間にノックアウトされるシーンは
衝撃的。てなカッコつけだけの中国伝統武術の化けの皮を描く
とともに、番組は中国のネット規制、そして愛国発言に踏み込む。
というのも徐に敗れた別の格闘家は実はネットの人気者。
何故って愛国発言の書き込みが支持されているから。

徐の支援者発言だったろうか「愛国は金のかからない自己PRだ」
凄いコメントだと思わない?日本のネトウヨにも当てはまるかも。
エンドロールで制作会社を見ると「テムジン」まだやってたんだ!
2021-01-14(Thu)
 

映画「私をくいとめて」

のんの主演作となれば見ずには置かない。
私くいとめて
綿矢りさ原作で大九明子監督作品と言えば、
松岡茉優の「勝手にふるえてろ」を連想するが、
いえいえこっちの方が、もっとエスカレートした面白さ。

31歳のやる気無し社員ののんは、そこそこの給料もらって
私生活を充実。おひとり様街道をまっしぐら、という設定。
その画面にナレーションともつかぬ男性の声がかぶり、
のんと対話を始める。歩いてても、部屋に戻ってくつろい
でても延々と話し続ける。どうやらのんの「心の声」らしい。
なので画面はのんが出ずっぱり。オイオイ1人芝居かよ?
ぐらいの勢いで、でものんの演技が凄いので全く飽きさせない。
っていうか、男性を意識したオンナ演技をかなぐり捨て、
ヒトリ日常のリアル、色気ゼロのタメ口ボヤキとツッコみが
延々と展開されて、もはや独身女のセルフドキュメンタリー。
これってありかよ?カメラワークも、主役を追いかけないで勝手
にフレームアウト、部屋空間をあちこち気ままにパンしてる。

この心の声が中村倫也なのだが、中村ではないデブの俳優が
実際画面に登場したのには驚いた!気でも狂ったか大九監督!
そしてラスト、草食中年っぽい林遣都と、ついに結ばれるか?!
しかし、処女と童貞だったのか?あるいは今流行の無生殖?
ベッドの上なのにセックスしないで服着たまま手繋ぎ体離し
ラブシーンって一体何?ここは宇宙ステーションか?

多分原作はここまでやってないよね。誰かこの監督をくいとめて!
2021-01-13(Wed)
 

本「二笑亭奇譚」

1993年発行の文庫本中古なのに¥3,260もする。
何で?本来の「二笑亭奇譚」は昭和12年雑誌に
掲載されたほんの50P。それを赤瀬川源平や
藤森照信らが200P書き足して文庫本にした。
なので、私は最初の50Pだけを読めば事足りる。
二笑亭奇譚
著者の式場隆三郎は戦後日本のゴッホブーム
を仕掛けたゴッホ研究家で精神科医。裸の大将、
山下清の発見者で育ての親でもある。
つまり、精神病者が描いた絵に才能を発見する
のが得意なのだが二笑亭(にしょうてい)の場合
は建築。精神分裂病者(家主)が設計した建築は
世界にも例が無いという。これに目を付けた式場
が富岡八幡あたりの「二笑亭」なる1軒家に乗り
込み調査する。微に入り細に入り、ほとんど変質
狂的な熱情をもって書き上げたのが本書。
なので異様に面白い。

でも怖いよ。この家に住むことを想像すると。
ああ、何だか夢に出てきそう。
2021-01-12(Tue)
 

本「へぼ侍」

剣術は結局いつ終わったのか?明治初期の
戦争の現場とはどういうものだったのか?
へぼ侍
面白いヨ、この本。主人公が17歳の若者というのが
まず良い。幕末の難波の剣術道場の息子で、御一新
と共に商家に丁稚見習い。なので武家の血筋のプライド
と難波商人の抜けめなさが混じるという絶妙キャラ。
時あたかも明治10年。西南の役の兵隊募集の張り紙が。
これに応募して新米兵士として九州に参軍した体験記が
この本。どう、面白そうでしょ?

田原坂の戦いの直後、熊本で本体と合流し、人吉宮﨑
延岡から戻って都城あたりまで、戦闘の実際をドキュメン
タリータッチで再現する。どうしてこんなに臨場感がある
のかと思ったら2013年に刊行された従軍日記を参考に
したらしい。武士の誇りを持つ主人公は刀を与えられ
喜ぶが結局戦場では一度も使われず、普式ツンナール
銃を乱射して戦を生き抜いてゆく。そしてはっきりと武士
に見切りをつけ慶応義塾で学び直し、実業家としてその
後の明治を生きたらしい。

戦友たちも戊辰戦争の生き残りから一般人まで
明治維新とその後10年の体験談が満載で興味津々。
西郷隆盛はじめ、乃木希典、犬養毅(従軍記者)
嘉納冶五郎(灘の造り酒屋の若旦那)など有名人を
さりげなく登場させて面白おかしく飽きさせない。
これ誰か映画化しないかなあ。絶対映画化されると思うよ。
2021-01-11(Mon)
 

本「明治零年」

明治維新って訳わかんないよね。
明治零年
この本はタイトル通り1868年、幕末から明治に
またがる1年が舞台。剣術の3大道場のひとつ、
練兵館の斎藤弥九郎が活躍すると聞いては、
読まずにはいられない。

物語は、有名な真贋論争「倒幕の勅書」をめぐる。
この「天皇の命令書」があったから薩長による
官軍が成立するのだが、もしこれが偽物だったと
したら?偽物を主張する金沢藩に「独立国」を
目指す動きあり。と聞いて西郷隆盛と桂小五郎は
それを探るべく、奥州平定に向かう山形有朋(狂介)
の軍隊に斎藤弥九郎を合流させ真相を探らせる。

そしてこの本で語られるのは実は「武士とは何か?」
西郷は幕府を倒したが、武士そのものの存在は否定
しない。事実、黒船海外勢力が圧倒的な軍事力で日本
を総攻撃しないのは全国200万という武士の実力を怖れ
ていたから。一方偽勅書の黒幕、大久保(一蔵)利通は
武士を全否定していた。平民に鉄砲を持たせて西洋式
の軍隊を作り外国勢力に対抗するのが急務と考えていた。

さあ、武士の存続が武士の全否定か?本の後半は
この論争が延々と繰り広げられる。とまあ、こういう趣向。
武士&武士道に興味のある人、必読の本でござる。
2021-01-10(Sun)
 
プロフィール

元祖カーキー

Author:元祖カーキー
趣味は昔マラソン→今剣道。
'09 青梅・荒川・手賀沼・河口湖
'10 三浦・霞ヶ浦・高尾山・葛西臨海・小鹿野・陣馬山・河口湖
'11千葉マリン・青梅・三浦・葛西臨海・小鹿野・つくば
'12葛西臨海・成木の森・武甲山・渡良瀬・千葉スィーツ・つくば
'13千葉マリン・青梅・東京・古河・ハセツネ30K・夢の島
'14夢の島・足立フレンドリー
'15千葉マリン・東京・tokyoベイエリア・森林公園
'16品川・青梅・中野区剣道大会春季団体戦・秋季個人戦
'17剣道四段審査合格・全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・東京都シニア剣道フェス
'18全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・剣道祭・東京都シニア剣道フェス
'19全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・剣道祭・東京都シニア剣道フェス3位入賞


<Home>

FC2カウンター
新しい記事の投稿
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる