FC2ブログ

本「総理」

2015年伊藤史織(ブラックボックス)に薬物を飲ませ強姦した
犯罪者が不起訴となり2016年に出版したのがこの本。
総理
本の末尾の解説を読むと、第1次安倍政権当時の政治記者の
間で、「イチ・ロク・サン」を知らない人間は素人扱いされたとか。
つまり安倍首相に深く食い込む政治記者が3人いて、
イチがNHKの女性記者。サンは産経新聞記者。そしてロクが
6チャンネルTBSの山口、つまり著者だと週刊文春編集長は語る。

本文を読むと、深く食い込むと言うレベルをはるかに超えている。
事ある毎に一緒に飲み食い、遊び、政治情勢を語り合い、
所信表明演説の原稿が出来上がれば、これを安倍自ら山口の
目の前で16分間読み上げて聞かせ、意見を求め、それに従って
14分に縮小する。つまり取材対象を越えて、親友扱いなのだ。
山口の親友は安倍だけではない。麻生とも親しい。さらには
死去した中川昭一には遺族から「戒名」を頼まれたりもする。

この本で描かれる、安倍と麻生の関係が面白い。
安倍の祖父が岸信介、麻生の祖父が吉田茂という政治家3世同志の
共通点もあり、安倍と麻生は朋友だが、時には意見が対立する。
そのもっとも大きな対立が消費税増税。その決断を安倍が発表する数日前、
G20の海外会議のホテルの一室。安倍と飲んでいる山口の携帯が鳴る。
麻生が部屋に来いと言う。安倍に断わって麻生の部屋に行き
「実は今まで安倍さんの部屋にいた」と言うと「どうせそんな事だろうと思った」
そして消費税増税について麻生は山口を経由して安倍に持論を伝える。
直接意見交換しては角が立つところを、山口を触媒にしているのだ。
これ、タダの政治記者の役割じゃないでしょ?

てな話がテンコ盛りなので、ああ、日本の政治中枢はこのように
動いているのか、という事が一事が万事、実によく分かる。
これら全て事実なのか?しかしこの本を読んで安倍や麻生が
山口を訴えたと言う話は聞かないからおおむね事実なのだろう。

結論。やっぱ犯罪者の書く本は面白い。
安倍晋三が嫌いな人も、是非一読をおススメする。
だって、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
2019-03-24(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

元祖カーキー

Author:元祖カーキー
趣味は昔マラソン→今剣道。
'09 青梅・荒川・手賀沼・河口湖
'10 三浦・霞ヶ浦・高尾山・葛西臨海・小鹿野・陣馬山・河口湖
'11千葉マリン・青梅・三浦・葛西臨海・小鹿野・つくば
'12葛西臨海・成木の森・武甲山・渡良瀬・千葉スィーツ・つくば
'13千葉マリン・青梅・東京・古河・ハセツネ30K・夢の島
'14夢の島・足立フレンドリー
'15千葉マリン・東京・tokyoベイエリア・森林公園
'16品川・青梅・中野区剣道大会春季団体戦・秋季個人戦
'17剣道四段審査合格・全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・東京都シニア剣道大会
'18全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・剣道祭・東京都シニア剣道大会
'19全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦


<Home>

FC2カウンター
新しい記事の投稿
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる