太宰治文学サロン

三鷹でデイサービスの場所地図を見ていたら、
途中に太宰治文学サロンがあるらしい。
道沿いに見当たらず行きは気が付かなかったが
帰り道を少し曲がった所に看板と入口を発見!
太宰記念館 (2)
2008年に開かれたものだという。
わずかに一間のスペースだが、写真もふんだんで
楽しい空間となっている。
太宰記念館 (1)
なかでも林芙美子との交友秘話が展示されていて興味深い。
林は太宰が第1回の芥川賞に落選した昭和初期、すでに
放浪記で人気作家となっていた業界の大先輩。
その交友は戦後のほんの2~3年だったらしい。
太宰記念館 (3)
織田作之助が死んだ時、作家仲間東京代表で太宰と林が出席した
親族会議で親族が織田作の妻(愛人)を放り出そうとしたとき、
「それなら東京で面倒を見ましょう!」と太宰が啖呵を切ったという。
しかし三鷹の2間暮らしの太宰に面倒が見られるわけもなく、
結局林が彼女を自宅に引き取って1年余り暮らしたという。

ね、面白い話でしょ?
2017-11-04(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

林って誰でしょうね?『林房雄』ですかね?
2017-11-06 09:32 | 桑本秀實 | URL   [ 編集 ]

芙美子です。 

西武新宿線、中井駅近くに大邸宅が残っていて、林芙美子記念館になっています。
2017-11-06 12:02 | kaky | URL   [ 編集 ]

 

そうか、林芙美子さんか。了解。納得。房雄君だったら、男だから、【結局林が彼女を自宅に引き取って1年余り暮らしたという。】⇨こういう事はできないよね。
2017-11-06 16:02 | 桑本秀實 | URL   [ 編集 ]

プロフィール

元祖カーキー

Author:元祖カーキー
趣味は昔マラソン→今剣道。
'09 青梅・荒川・手賀沼・河口湖
'10 三浦・霞ヶ浦・高尾山・葛西臨海・小鹿野・陣馬山・河口湖
'11千葉マリン・青梅・三浦・葛西臨海・小鹿野・つくば
'12葛西臨海・成木の森・武甲山・渡良瀬・千葉スィーツ・つくば
'13千葉マリン・青梅・東京・古河・ハセツネ30K・夢の島
'14夢の島・足立フレンドリー
'15千葉マリン・東京・tokyoベイエリア・森林公園
'16品川・青梅・中野区剣道大会春季団体戦・秋季個人戦
'17剣道四段審査合格・全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・東京都シニア剣道大会

<Home>

FC2カウンター
新しい記事の投稿
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる