FC2ブログ

本「マリア・シャラポワ自伝」

凄い凄いとは聞いていたが、ここまで凄いとは。
シャラポワ
つまり1986年チェルノブイリ原発事故のさなか隣村にいた
妊娠中の女性が故郷に避難して生まれたのがシャラポワ
だった事が凄いのではない。その後、避暑地のソチに仕事を
求めて移住した父のもと、テニスの壁打ちに異常な集中力
を見せて、天才を見出された6歳の少女が1993年、崩壊
直後の混乱したロシアの税関でなけなしのビザを得て、
娘の天才に一家の命運を賭ける父と二人、難民さながら
アメリカのフロリダに辿りつき、その足でテニスアカデミーを訪ね、
人生を切り開く冒険の物語なのだ。

いやあ、奇蹟と偶然とミラクルの連続は、まるでジェットコースター。
この父も凄いけど、本人は「次はどんな冒険が待っているのかしら?」
と以外と無邪気なものだったらしい。

世界中の天才テニス少女&少年が集まるアカデミーで
毎日練習し、試合をし、頭角を現し、クラスメートを
打ち負かして上に這い上がる。
その負けず嫌いな性格がいじめに負けない少女時代を
そしてプロとなって、決してテニスに友人を作らないと公言する
タフな彼女を作り上げたのか?
大坂なおみで話題となった、コーチ契約裁判問題。
シャラポワもまた、アカデミー時代、コーチ料を安くするから
あるいはタダにするから、その後試合で活躍したら
その賞金の何十パーセントを生涯払い続ける「奴隷契約」を
結びそうになる。そんな時、敢然と「ノー」と答えて
逆境を切り開いて行ったのは常に父であった。

そしてビザが下りずに2年3年遅れでアメリカで合流した母が
シャラポワにしたこと。それはトルストイ始めロシア文学を
読み聞かせる事。異郷に会ってもロシア魂を忘れるなとばかり、
教育したのだった。なのでシャラポワはこれ程ウィットに満ちた
素晴らしい文章が書ける。

そして2004年。17歳で初めてのグランドスラム、
ウィンブルドンの優勝!その準決勝だったか、
タフな東洋人との戦いを詳述しているがそれが杉山愛。
読んでいるこちらもなんだか誇らしい気持ちになるよね。

それにしても、ドーピング問題は残念だった。
この本を書いている最中に起こったらしい。
なので、本の序と、最後の1章はこのドーピング問題の
釈明に追われるものとなった。無念だろうね。

だとしても、この本の価値は揺るがない。
最初の100頁は一気読み。ウィンブルドン優勝の222頁
までは、テニスファンならずとも全てのアスリートが
目を通すべき、肉体訓練方法と、試合の臨み方、勝ち方
など示唆に満ちている。私は読みながら線を引きっ放し。

是非ものでおススメの一冊でござる。
2019-08-13(Tue)
 

原稿書けず2

さて2本目だが、まずはウィキペディアなど資料のプリントアウト。
と資料本の小リュック、衣類の大リュック&カメラスーツケース
の大荷物を持って新宿の研修に参加。「旅行ですか?」と笑われる。
終えたその足で郡山入り。(何故か2週連続郡山仕事だったのだ)
そしてデジャブのように土日の朝、PC原稿書きにいそしむが…。
やはり書ききれず、帰りの新幹線はアイマスク仮眠で過ごす。
しかし、このまま帰ってはマズイと荻窪駅ビルの喫茶店に直行。
郡山原稿2 (5)
あんみつで目を覚まし、21時過ぎまで粘ると、3600字。
郡山原稿2 (1)
ようやく先が見えてきたが、翌月曜日は結婚式映像研修。
これは終わってからの懇親飲み会が楽しみだったのに…。
やむなくパスして家に直帰。一心不乱に書き上げて23時。
ようやく5300字の第1稿に辿りつく。
版画資料
翌日3hかけてこれを4300字に凝縮してようやく完成!
やっぱ門外漢の素人が「版画」をテーマに1本書くのは大変だわ。
2019-08-04(Sun)
 

原稿書けず

7月末の原稿には参った。というのも私は隔月末に連載の
2本の締切があって、デイサービス取材原稿は25日、
もう1本の見聞録は29日か30日。ところが…。
7月に限って26日がA社の研修、27,28が郡山撮影。
29日がB社の研修、という事で2本目を書く時間が全く無い。
という事は、1本目を前倒ししなくては到底間に合わない。
なので、20日(土)の郡山。エビチリを食べた後ホテルで
すぐ眠り、翌朝4時に早起きしてPC書き、とまあこういう次第。
原稿書けず (2)
でもねえ、2時間書いてもちっとも進まない。
朝飯喰って、支度してロビーで送迎ワゴンを待つ間、
ほんの30分の寸暇を惜しんで書きすすめ…。
(いつもと違い現場10時入りなのが不幸中の幸い)
原稿書けず (3)
さらには撮影後、郡山駅改札前ドトールでPCを開くが、
原稿書けず (1)
猛烈な眠気で意気消沈。19時まで粘るつもりが早々に諦めて
18時発の電車で帰りましたわさ。

それでどうなったかって?
月火は別件仕事があるので、水曜日の剣道稽古を休んで、
ようやく書き上げましたわさ。やれやれ。
2019-08-03(Sat)
 

駅のホームで読書

その元町仕事の帰り道、みなとみらい線~副都心線~
西武池袋線の車内で本が読み終わらない。
あと20ページなので、中村橋駅のホームで21時。
読書のラストスパートする私。
ホーム読書
読了!何の本かって?テニスのシャラポワ自伝。
2019-07-12(Fri)
 

オール読物「宝島」

単行本は買ってあるのだけれど読む時間がなく。
直木賞真藤 (2)
受賞作掲載のオール読物を買ってしまう私。
しかしねえ、選評を読むのも楽しいし、お宝は
自伝エッセーと、この宮部みゆきとの対談。
直木賞真藤 (1)
真藤は若くしてデビューしながら、この「宝島」執筆中に
編集者から全編書き直しを命じられスランプに陥り、しかし回復し、
5年がかりで書き上げたのだね。それというのも、彼がマジメすぎるから。
力の抜き方をこれまた真面目に宮部先輩に聞いてるさまが微笑ましい。

肝心の小説も、この分量(第1部だけ掲載)ならすぐ読める。
日本アパッチ族(てな開高健の小説があった)の沖縄版なのだね
第2部以降を読むかどうか、ただ今思案中。
2019-06-30(Sun)
 
プロフィール

元祖カーキー

Author:元祖カーキー
趣味は昔マラソン→今剣道。
'09 青梅・荒川・手賀沼・河口湖
'10 三浦・霞ヶ浦・高尾山・葛西臨海・小鹿野・陣馬山・河口湖
'11千葉マリン・青梅・三浦・葛西臨海・小鹿野・つくば
'12葛西臨海・成木の森・武甲山・渡良瀬・千葉スィーツ・つくば
'13千葉マリン・青梅・東京・古河・ハセツネ30K・夢の島
'14夢の島・足立フレンドリー
'15千葉マリン・東京・tokyoベイエリア・森林公園
'16品川・青梅・中野区剣道大会春季団体戦・秋季個人戦
'17剣道四段審査合格・全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・東京都シニア剣道大会
'18全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・剣道祭・東京都シニア剣道大会
'19全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦


<Home>

FC2カウンター
新しい記事の投稿
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる