原稿締切2本

私の「からだサイエンス」連載2本は隔月の締切。
セブン書斎
今月取材のデイサービス原稿をロケハン途中の
飯田橋マックで書きだしたものの金曜日には上がらず。
土曜日朝9時ギリギリに仕上げて水戸に向かう。、
常磐線最中
常磐線特急で、ようやく一息のピーナツ最中でござる。

2本目、谷川俊太郎の見聞録は、月曜夜と火曜朝
中村橋マックで書いても書いても上がらない。
中村橋マック原稿
夜の22時にようやく仕上げて送付。あー、終わった。
さあ、これでビデオ制作に専念できる。あな嬉し。
2018-03-28(Wed)
 

本「北朝鮮発第3次世界大戦」

これ読んでみたくなるタイトルだけれど読まなくていいよ。
北朝鮮3次世界大戦
第3次世界大戦についての何かリアルな情報があるわけではない。
世界のシンクタンクのあそこがこう言いましたここがこう言ってますを
羅列しただけの横着な本。悪文で読み辛いし。

ただ、それでは本代840円の元が取れないので斜め読み。
①北朝鮮はイランにミサイル開発の技術指導をしている。
核技術の提供や核そのものを売る可能性がある。
②中東ではイスラエル・アメリカ・サウジアラビア連合に対して
ロシア・イラン・トルコ連合が緊迫しており、北朝鮮VSアメリカ問題は
実は中東情勢と直結している。
③2015年末の北朝鮮モランボン楽団中国公演中止事件を巡って、
金正恩と習金平は犬猿の仲らしい。
④その中国は、2021年台湾統一を目指していて、こちらの方が
米中開戦の引き金になる可能性が高い。
⑤ロシアは北朝鮮を支援し、東欧諸国に対しても核配置の姿勢を見せ、
さらに中東でもシリア問題で存在感を強め、今や覇者の勢い。

う~ん、役者は揃っている。
でも実際戦争を真剣に考えているのはプーチンかもね。
2018-03-18(Sun)
 

谷川俊太郎展

東京オペラシティ―(新宿初台)3Fアートギャラリーで開催中の
谷川俊太郎展に立ち寄る。(→3月25日まで)
谷川展 (2)
これ、自己紹介の詩をパネルに建てて、パネルごとに
日常の愛用品や、コレクション、著名な友人たちとのハガキの
やり取りなどなどを展示している。ユニークだよね。
俊太郎86歳の詩と業績と日常と暮らしぶりの全てがある。
もしかして彼は今、日本で最も幸せな老人なのかも。
谷川展 (1)
俊太郎の詩集と、ドキュメントDVD,それに今話題の最果タヒの
詩集2冊を買い求める。よし、これでコラムの材料は揃った。
ただ、ビデオ制作とかぶっているので、いつ書けるかが問題。
2018-03-16(Fri)
 

本「北朝鮮は悪じゃない」

北朝鮮と韓国は兄弟って言うけど実は北朝鮮の方が
兄貴分だって知ってた?私は知らなかった。
北朝鮮悪くない
それは両国の歴史に由来する。
朝鮮は日本の植民地だったが、自力で独立した訳ではない。
第2次大戦末期、ソ連によって線引きされた38度線。
その北を抗日パルチザンとして日本と戦った金日成が委員長に就き、
南をアメリカで抗日組織にいだけの李承晩が総裁に就任した。
しかし両者の統治能力は断然金日成が勝っていて、
軍備もソ連の援助を得て圧倒的に優勢だった。
そして1950年金日成は南北統一を掲げて南進し朝鮮戦争が勃発。
わずか2か月で李承晩軍は釜山まで追いつめられる。
ここはマッカーサーの仁川作戦で米軍が盛り返し、逆に中朝国境まで進攻。
そこで毛沢東が中国人民解放軍を義勇軍として派遣し連合軍を押し返し
1953年、北朝鮮と米国(韓国ではない)との間で休戦協定が結ばれた。

つまり北朝鮮の交渉相手は昔も今も米国であり、北朝鮮と米国が休戦を
解消して平和条約を結ぶのかどうか?が焦点であり、韓国は蚊帳の外。

また、朝鮮戦争後も、北朝鮮はソ連の援助を受けて重工業やダム建設など、
インフラ事業を推進し、1960年にはGDPが韓国の3倍!という経済格差。
1970年代までの北朝鮮は韓国国民の羨望の的だったという。
つまり、国家の正当性からしても経済格差からしても北朝鮮が圧倒的に兄貴分だった。
そういえば60年代の日本映画、「キューポラのある街」なんかでも、北朝鮮に憧れて
日本人家族が移住する話があったけど、あながち荒唐無稽な話では無かったのかも。

その後1988年のソウルオリンピックで韓国経済が絶好調となり、逆に北朝鮮は
1991年のソ連崩壊、1994年、金日成の死とそれに続く大飢饉で一気に
経済格差が逆転しそれ以降は我々の知る北朝鮮なのだが、兄貴分の立場は
朝鮮半島内部では今も揺るがない。知らなかったなあ、もう。

そうした歴史はともかく、金日成、金正日、金正恩の3代は政治家として
とても優秀らしい。国家の統治能力も、外交交渉術もピカイチだと絶賛する、
その著者が元航空自衛隊の情報幹部(空将補)というのが不思議。
2018-03-12(Mon)
 

本「戦争責任・戦後責任~日本とドイツ」

日本は従軍慰安婦でこじれているのに、ドイツはナチスでこじれてない。
戦後の補償賠償問題にドイツはどう取り組んだのか?知りたくて読んでみた。
戦争責任ドイツ
そしてわかったのは、①ナチス被害者への賠償金の支払い。
1950年代に、旧西ドイツはイスラエルに2000億円賠償
を皮切りに、ヨーロッパ12カ国に90年までに6兆円を
支払っている。一方旧ソ連、東欧諸国への賠償は、
東西ドイツ統一まで猶予され、93年にはポーランド他、諸国
のナチス犠牲者に1,000億円を支払う協議中。
(この本が書かれたのが1994年なので、ホットニュース)
②ナチス戦犯の追及の徹底。殺人の時効を何度も延長して、
最後はナチス犯に限っては時効を撤廃して、徹底追及した。
例えば1992年、80歳の元ナチスの強制収容所所長に、
終身刑の判決を下している。(ドイツは死刑廃止なので最高刑)
③機会ある毎に首相や国の指導者が公の席でナチスの罪を
謝罪し、反省の意を更新し続けている。
例えば1985年ヴァイツゼッカー大統領の有名な演説、
「罪の有無、老若いずれを問わず、我々全員が過去を
引き受けねばなりません。過去に目を閉ざす者は、
結局のところ現在にも盲目となります」

①に関しては、日本も賠償金は払っている。
ただ賠償金は国家が国家に対して払うものなので、例えば
日本の交渉相手は今の中国ではなく蒋介石の台湾であったりする。
(だから今も、日本と中国には賠償金のやりとりはない)
韓国とは1965年に賠償金協定を結び、相互放棄で解決済み
としているが、「個人の請求権」に関してはペンディングらしい。

それ以外に④「戦争犯罪の定義」が興味深い。
これまでの戦争犯罪→B級戦犯
連合国側によって新たに定義された<侵略戦争の計画・、開始、
遂行等を罪とする>「平和に対する罪」→A級戦犯。
新たに定義された<一般住民に対する殺人、殲滅、奴隷化、強制移送
及びその他の非人道的行為を罪とする>「人道に対する罪」→C級戦犯

ドイツが自国民のユダヤ人を殺害したのはこれまでの国際法では
罪にならないので新たに「人道に対する罪」を設けたのだが、
②は戦後の国際裁判が終了した後も、ドイツの地方裁判所にで、
その罪を追求し続けていると言う事。

一方、今日本が韓国や国連の小委員会から突きつけられているのは
「人道に対する罪」の項目の<強制移送>と<奴隷化>なのだろうね。
「従軍慰安婦」という言葉ではなく「性奴隷」という言葉で日本政府を
強く非難し、国際社会にアピールしているのはこういう背景だったのだね。
①②③を見ても分かる通り、「戦争責任」には終りがない。
負けた国とその国民は、勝った国とその国民に延々と謝り続けるしかない。
戦後70年たとうが、孫の時代になろうがチャラにはならないものらしい。
2018-03-03(Sat)
 
プロフィール

元祖カーキー

Author:元祖カーキー
趣味は昔マラソン→今剣道。
'09 青梅・荒川・手賀沼・河口湖
'10 三浦・霞ヶ浦・高尾山・葛西臨海・小鹿野・陣馬山・河口湖
'11千葉マリン・青梅・三浦・葛西臨海・小鹿野・つくば
'12葛西臨海・成木の森・武甲山・渡良瀬・千葉スィーツ・つくば
'13千葉マリン・青梅・東京・古河・ハセツネ30K・夢の島
'14夢の島・足立フレンドリー
'15千葉マリン・東京・tokyoベイエリア・森林公園
'16品川・青梅・中野区剣道大会春季団体戦・秋季個人戦
'17剣道四段審査合格・全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・東京都シニア剣道大会

<Home>

FC2カウンター
新しい記事の投稿
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる