fc2ブログ

山田弘子回顧展

連休中日、5日のアサイチで池袋芸術劇場5Fギャラリー。
山田弘子回顧展 (2)
山田弘子回顧展に駆けつける。
山田弘子回顧展 (4)
武蔵野美大→東京芸大大学院→フランス政府給費留学生。
山田弘子回顧展 (5)
学生時代の初期作品が凄い迫力なのに驚く。
山田弘子回顧展 (3)
手前、南仏留学の光の影響を受けた作品群から、
奥部屋、80年代の落ち着いた植物シリーズへと変化し、
山田弘子回顧展 (6)
山田回顧展2
突如、銀箔をあしらった作品群にと飛躍する。
山田弘子回顧展 (9)
そして最晩年の油絵回帰まで200点の大回顧展。
その表現の多彩さは、これら全部1人の作家の作品
だろうか?と訝る程。作風を固定せず、興味の赴くまま
常に新しい表現にチャレンジするその精神の自由さに驚く。
山田弘子回顧展 (1)
この絵は50歳。死期を悟った病室の窓を打ちつける嵐の
水滴をデッサンしたものだと、弘子さんの姉上から伺った。
家族総出で準備設営した20回忌の大回顧展は弘子さんの
生前の知己のみならず、美術の世界に進んだ娘さん2人の
友人達も駆けつけ大賑わい、大盛況であった。
山田弘子回顧展 (7)
私の一番好きな絵の前で、チャッカリ娘さんとツーショット。
2022-05-09(Mon)
 

山田弘子回顧展の案内が

ここは何処?私は誰?
目覚め (2)
目覚め (3)
目覚め (1)
目覚め (4)
そこは池袋。昼うたた寝から目覚めの時。それは確か3月。
ところが4月になって、私のブログに投稿があった。
この絵の作者山田さんの娘さんからであった。
4月が弘子さんの命日で、家族が「山田弘子」を検索
したら2年前の私のブログがたまたまヒットしたらしい。
一同驚いて、私の「山田弘子探検隊」を読んだのだとか。
そんな事ってあるのだね。しかも。5月には回顧展を
企画していて、私にその案内状が送らるという展開に。
没後20年も経って、こんな不思議な事ってあるのだろうか?
山田弘子展
という事で、「山田弘子回顧展」2022年5月3日ー8日。
池袋駅前西口・東京芸術劇場5Fギャラリー10時~20時。
入場無料。200点を超える「光と色彩の軌跡」を辿る。
興味のある人は是非どうぞ。
2022-05-01(Sun)
 

原発覇権バトル

原発ってさあ、最強のビジネスモデルだったんだよ、きっと。
だって国にとっても、電力会社にとっても、原発立地の
地方自治体にとっても、そこで暮らす住民にとっても
4者全てに利益をもたらす夢のようなビジネスだったのだ。
福島原発メルトダウンまでは。3.11以降世界の原発
市場は安全設計見直し費用がかさみ、ビジネスとして
成り立たなくなった。新規原発建設予定全て白紙、
あるいは中止となった。はずだった。主義思想ではない
ビジネス的な理由によって原発が廃炉となり自然エネル
ギー転換が行われるのはいい事だと私は思っていた。
ところが…。
原発バトル
温暖化対策の名目で原発回帰論が復活。小型原発の
開発が進む。ソ連は既に船舶型の小型原発を実用化、
さらにキリギス・ハンガリーに売り込む。一方日本の
日立はエストニアに導入を目指し、アメリカはポーランド
に売り込み、原発覇権バトルの様相を呈している。。
原発記事2
さらに今回のロシア、ウクライナ侵攻でエネルギー危機が
深刻化。日本でも原発を再稼働させべきと国会論議勃発。
原発グリーン認定
一方EUの旗振り役はフランス。原発をグリーン認定しよう
との動きがある。ドイツは反対しているが、実は天然ガスを
ロシアに頼っていて制裁発動で輸入ストップとなれば危うい。
って事は何か?自然エネルギーって原発には到底太刀打ち
できないくらい脆弱なエネルギーって事?????
2022-04-29(Fri)
 

さらば直木賞!

時代劇2作同時受賞は珍しいんだって。
直木賞塞翁楯 (1)
しかしそれぞれの作品は、序章10頁しか掲載されてない。
しかも受賞特別描き下ろしと称して、13頁と18頁掲載。
そんなものが読みたくて¥1,200出したわけではない。
もう2度とこの雑誌は買わない。そして思う。直木賞って
あと10年持たないかも?雑誌の定期購読者と共に滅び
ゆく運命かも。でもいいじゃん。代わりに本屋大賞があるし。
それはともかく、「黒牢城」の黒田官兵衛。織田に反旗を
翻した荒木村重に言い放つ。「この戦、勝てませぬぞ」
「毛利勢が山陽道を駆けあがって有岡城を救いに来ると
信じておられる」「…」「来ませぬぞ。毛利は!」
尖閣列島で中国共産党軍と日本自衛隊が対峙したとして。
「来ませぬぞ、アメリカ軍は!」と連想してしまう私。
2022-04-28(Thu)
 

芥川賞「ブラックボックス」

自衛隊出身作家のチャリンコ配達員話。
ブラックボックス
ウ―バーではない。メッセンジャーだ。書類を宅急便
より早く3時間くらいで運ぶ奴。結婚式カメラマンで
ウィークデイはこれをやってる人いたなあ。
この主人公はチャリンコマニアで疾走描写が延々と
続くので飛ばし読み。がパタリと止まって普通読み
になったのは、刑務所に入ってから。とにかく短気で
狂暴な男なのだ。ところが。
シャバでは「人生の出口」が見えなかったのにムショ
では「刑期満了の出獄」という明確な出口があることに
安堵する。てな感慨が面白い。ムショ仲間の人物描写も
いいよね。受賞インタビューでムショ経験を聞かれ
「あるわけ無いじゃないですか」と答えていた。
2022-04-27(Wed)
 
プロフィール

元祖カーキー

Author:元祖カーキー
趣味は昔マラソン→今剣道。
'09 青梅・荒川・手賀沼・河口湖
'10 三浦・霞ヶ浦・高尾山・葛西臨海・小鹿野・陣馬山・河口湖
'11千葉マリン・青梅・三浦・葛西臨海・小鹿野・つくば
'12葛西臨海・成木の森・武甲山・渡良瀬・千葉スィーツ・つくば
'13千葉マリン・青梅・東京・古河・ハセツネ30K・夢の島
'14夢の島・足立フレンドリー
'15千葉マリン・東京・tokyoベイエリア・森林公園
'16品川・青梅・中野区剣道大会春季団体戦・秋季個人戦
'17剣道四段審査合格・全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・東京都シニア剣道フェス
'18全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・剣道祭・東京都シニア剣道フェス
'19全日本高齢者武道大会・中野区春季団体戦・秋季個人戦・剣道祭・東京都シニア剣道フェス3位入賞
'21東京都シニア剣道フェス
'22剣道五段審査合格


<Home>

FC2カウンター
新しい記事の投稿
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる