映画「あさひなぐ」

なぎなた漫画を乃木坂46が舞台と映画で展開する連動企画だって。
あさひなぐ
しかしねえ、映画のオープニングは最悪!
トップカットは美的センスのカケラもない階段で、
烏が生ゴミつついているのを見て主人公が吐き気。
次に満員の駅改札出口で、パスモが切れててブザー。
チャージすればいいのに、ブザー突破を3回も試みて
後の乗降客大迷惑。ブサイクなドジキャラで引いてしまう。
更に次のシーンは学校近く。話しかけてきた男性に
下半身露出され、マジマジ見てしまう、てな展開。

こんな映画、人に勧めたくなると思う?

ところがいろんな偶然で入った薙刀部が合宿に行った先の
尼僧の地獄の特訓あたりから俄然面白くなるから不思議。
スポ根ドラマだが、主人公の家庭シーンは一切なし。
教室シーンさえ1シーンくらいしかない。
後はただひたすら薙刀シーンの連続なのだ。大胆だよねえ。
しかもクライマックスはインターハイとかの決勝ではなく
タダの練習試合。この監督、脚本も書いているらしいが
大胆なのかバランス感覚が欠如しているのかそれとも
タダのオタクなのか?不思議である。
2017-10-16(Mon)
 

場末の映画館

しかし薙刀映画は今週木曜日が上映最終だと言う。
えっ?乃木坂48が大挙出演してるのにもう打ち切り?
なので水曜日、池袋サンシャイン通りヒューマックス(画面右手)
に駆けつける。
場末映画館 (1)
館内第8スクリーンロビーはこんな感じ。
場末映画館 (2)
昔の池袋じゃないいんだからさ。この場末感、何とかならない?
2017-10-12(Thu)
 

映画「草原に黄色い花を見つけた」

ベトナムの友人から進められて新宿武蔵野館へ。
水曜に行ったのだが今日金曜が上映最終日だって。
草原黄色花
ベトナムのベストセラー小説を、アメリカ生まれの
若手ベトナム人監督が映画化してベトナムで大ヒットだって。

しかしポスター通りの、少年時代淡い初恋物語。
少女を巡って兄が弟に嫉妬心を燃やして…てな展開。
1980年代後半の農村が舞台で、この頃ベトナムは
アメリカとの戦争に勝利はしたものの国を挙げて貧乏時代で
国民すべてにこの時代への思い入れがあるらしい。

こうした映画を見れば誰だって自分の少年時代を連想するものだが
私は全く心動かない。幼少期への思いが自分でも驚くほど希薄なのは
何故だろう?何か思い出したくない過去でもあるのだろうか?
2017-09-15(Fri)
 

映画「関ヶ原」

これって長過ぎねえ?この監督はとにかく長過ぎる。
関ヶ原ポスタ
画面も素晴らしいし、俳優陣の演技も見事。
日本映画の底力を見せつけて見事なのだが、
いかんせん長過ぎる。

それに映画の冒頭からして音声が聞き取り辛い。
ドルビーのせいなのか音がくぐもって低音響き過ぎて割れている。
秀吉の尾張訛りの早口言葉、全然聞き取れない。
薩摩も方言丸出しでリアルで面白いのだが、全体に
日本語字幕付けてくれないと理解不能。
だって敵味方裏切り合戦なのでどっちの味方に付いたのか?
セリフが聞き取れないと困っちゃうんだよね。

合戦もねえ。大迫力でこれだけの演出できる監督はそうはいないと
思うのだが、歩兵~騎馬隊~銃部隊~大砲の連携がイマイチ良く分からない。

それでも役所広司の家康は見事。一見の価値あり。
ところで家康が最後に作っていたけど、
騎兵が背中に背負う竹ひご風袋って一体何?
2017-09-10(Sun)
 

映画「君の膵臓を食べたい」

原作は面白いのだが、映画の予告編を見てちょっと興醒め。
キミスイ
37度の猛暑日に豊島園シネマで本編を見ても印象は変わらず。
何もこんなブサイクな子を主役にしなくても。と思ってしまう。
逆に男子の方はイケメン過ぎる。クラスで一番目立たない地味男
の設定なのに、一番目立つハンサムぶり。
原作にない12年後の小栗旬は役作りが「容疑者Xの献身」風。
時々顔が舟木一夫に見えて困ってしまう。
2017-08-10(Thu)
 
プロフィール

元祖カーキー

Author:元祖カーキー
趣味は昔マラソン→今剣道。
'09 青梅・荒川・手賀沼・河口湖
'10 三浦・霞ヶ浦・高尾山・葛西臨海・小鹿野・陣馬山・河口湖
'11千葉マリン・青梅・三浦・葛西臨海・小鹿野・つくば
'12葛西臨海・成木の森・武甲山・渡良瀬・千葉スィーツ・つくば
'13千葉マリン・青梅・東京・古河・ハセツネ30K・夢の島
'14夢の島・足立フレンドリー
'15千葉マリン・東京・tokyoベイエリア・森林公園
'16品川・青梅・中野区剣道大会春季団体戦・秋季個人戦
'17東京都剣道連盟四段審査合格・中野区剣道大会春季団体戦・秋季個人戦


<Home>

FC2カウンター
新しい記事の投稿
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる